Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/epco/epco-inc.co.jp/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
電子ピアノを使わなくなったら?保管方法や売却・破棄の仕方まで解説 | EPCO株式会社 電子ピアノを使わなくなったら?保管方法や売却・破棄の仕方まで解説 | EPCO株式会社

ブログ

BLOG

電子ピアノを使わなくなったら?保管方法や売却・破棄の仕方まで解説

電子ピアノを使わなくなったときや、新しいモデルに買い替えたいときにおすすめの方法を説明します。

高額買取してもらうためのコツや、破棄方法などを詳しく解説するので、使わなくなった電子ピアノの取り扱いに困った際に参考にしてみてください。

楽器買取専門店の活用や、買取基準、高額買取可能な電子ピアノについても解説します。

電子ピアノを使わないときの保管方法

電子ピアノを一時的に使わない時、あるいは長期間使わない予定の場合、適切な保管をすることでよい状態を保つことができます。

電子ピアノは高価な機器なので、保管状態が将来的な価値に大きく影響します。温度や湿度の管理、ダストカバーによるほこりからの保護など、日々のメンテナンスはできるだけ行いましょう。

可能であればオリジナルの箱も保管しておくと、買取査定時に有利です。

電子ピアノを使わないときの売却・破棄方法

電子ピアノを使用しないと決めた場合、売却や破棄の選択が考えられます。

電子ピアノは高価なものなので、破棄よりもまず売却を考えるべきです。

一般的な売却方法は、専門の楽器買取業者やリサイクルショップに査定を依頼することです。ただし、電子ピアノが非常に古いものや、大きな損傷がある場合には破棄した方がいい場合もあります。判断に迷う場合は、専門の買取業者に相談してみましょう。

専門業者の買取査定へ出す

不用になった電子ピアノを売却する選択肢の一つは、専門業者への買取査定です。

専門業者は、電子ピアノの種類やブランド、状態、アクセサリーなどを詳しく調べてくれます。保存状態や製品そのものの価値に基づいた適正な価格を提示してもらいやすい売却方法です。

ただし査定額は業者によって異なる場合があります。心配な場合は複数の業者から見積もりを取ったり、安心して査定を依頼できる業者を選んだりするとよいでしょう。

出張査定やオンライン査定を提供している業者も多いので、自宅に電子ピアノを置いたまま手続きが可能です。

リサイクルショップへ売る

リサイクルショップに電子ピアノを売却することもできます。

多様な商品が扱われ、客層も幅広いことが特徴です。不要品を売却しやすいメリットがある反面、電子ピアノのような高額な商品であっても買取価格が低くなる可能性があります。専門業者に比べると、リサイクルショップでは専門的な査定が行われづらいためです。

電子ピアノを即時で現金化したい事情などでなければ、専門的な知識を持つ業者に依頼した方が安心だといえます。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼することもできます。

あらゆる種類の家具や家電を回収し、適切な処分を行ってくれますが、売却ではなく処分という形になります。

また、電子ピアノは専門的な機器なので、業者によっては査定や引き取りを拒否されてしまう場合があります。たいていの場合で処分費用がかかるため、事前に業者に確認しましょう。

粗大ごみとして処分する

粗大ごみとして処分する方法もあります。電子ピアノが壊れて修理不能な状態であったり、非常に古くて売却が難しい場合に検討すべき選択肢です。

市町村によっては、粗大ごみとしての引き取りを行っている場合もありますが、一般的に手数料がかかります。電子機器なので捨て方に適切な処理を行う必要な場合もありますから、捨て方について自治体のホームページなどを確認しておきましょう。

フリマアプリやネットオークションへ出す

売却手段として、フリマアプリやネットオークションを利用することもできます。

一般的なリサイクルショップや買取業者を介さずに直接購入者と取引することが可能です。販売価格が高いと思われがちですが、自分で商品の説明を書き、写真を撮り、購入者とのやり取りを行うため、手間がかかることを覚悟しなければなりません。

また、価格設定の自由度が高い反面、適切な価格を見つけるのが難しい場合もあります。

電子ピアノを使わないときは早く売却した方が良い

電子ピアノを使わなくなった場合、早めの売却をおすすめします。

電子ピアノは新しいモデルが次々と出てくるためです。放置している期間が長いほど、価値はどんどん低下してしまいます。

また、長期間使わないと内部の電子部品が劣化する可能性もあります。早期に売却することで、より良い条件での買取が期待できます。

電子ピアノの買取基準

電子ピアノの買取価格は、ブランドや状態、付属品の有無などによって大きく変動します。

電子ピアノの動作状態や外観の状態は重要な査定ポイントです。動作が正常で、キズや汚れが少ないほど高額になります。

購入時に梱包箱や説明書、付属の椅子などが揃っていると、査定額にプラスされます。可能な限り元の状態を保つようにしましょう。

高額買取して貰える電子ピアノとは

高額買取が期待できる電子ピアノには、三つの要素が重要になります。主にブランド、状態、付属品です。

人気のあるブランドや最新モデルは需要が高く、状態が良ければ高い売却価格を期待できます。

売却が難しい電子ピアノ

売却が難しい電子ピアノとは、主に年式が古いもの、音が出ないもの、大きなダメージがあるものなどが挙げられます。

基本的には売却することができず、処分費用を払って破棄する必要があります。ですが、専門の買取業者のなかにはEPCOのように通常は売却が難しい電子ピアノであっても買取可能な場合があるので、手放す前に一度査定を申し込んでみることをおすすめします。

よくある質問

電子ピアノの売却に関しては、様々な疑問や質問があります。以下に、よくある質問とその答えを紹介します。

売却できなくても、無料で引き取ってもらえますか?

無料で引き取りを行う業者もありますが、通常は電子ピアノの状態によります。

完全に壊れているものや非常に古いものは、引き取りを拒否されるか、引き取り料が発生する可能性があります。

20年前の電子ピアノですが引き取ってもらえますか?

電子ピアノの年式は売却価格に影響しますが、必ずしも古いからといって引き取り不能とは限りません。

状態が良く、動作に問題がなければ、古い電子ピアノでも一定の価格で引き取りが可能です。具体的な価格は業者によりますから、試しに査定を依頼しましょう。

まとめ

使わなくなった電子ピアノは売却できる可能性が高く、専門買取業者を利用するなどの選択をすれば適切な価格で買い取ってもらうことが期待できます。

売却価格は電子ピアノの状態や付属品などによって変化しますから、まずは買取査定に申し込みしてみるとよいでしょう。